キャッシングの審査攻略方法!

簡単にはいかないこともあるのがキャッシングの審査です。どうしてもお金を借りたい時には、審査をいかに早く確実に通過するかということが申し込み者にとっては重要な問題となるでしょう。

 

審査を受けるときには、審査のことを知ることが一番です。
現在のキャッシング商品は大変優秀なものばかりで、キャッシングや金融のことを何も知らなくても上手なキャッシングが実現できている方も少なくありません。
それでも審査について、さらにはキャッシングについて知っているのと知らないのとでは、お得度やすばやい借り入れまでの違いが表れてくるものです。

 

プロミス
最短1時間 30日間無利息がはじめての借り入れ翌日から適用となるプロミスは、無駄のないキャッシングが出来ます。借入にも返済にも利用手数料がかからない方法が充実しています。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があると24時間振込キャッシングもインターネット返済も手数料無料で利用ができます。

30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

実質年率 限度額 評価
4.5%〜17.8% 500万円

モビット
モビット WEB完結としてカードレスのキャッシング方法があります。利用するためには一定の条件をクリアする必要がありますが、「三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の普通預金口座」と「組合員保険証か社会保険証」があればWEB完結に申し込みができます。郵送物なし、電話連絡なし、そしてカードなしとなるためばれたくないキャッシングには最適です。

 

実質年率 限度額 評価
3.0%〜18.0% 800万円

アコム

30日間無利息を契約翌日から利用できます。35日ごとの返済があり、返済日からカウントして35日以内に返済する珍しい期日設定です。余裕があるときには早目に返済、今月は厳しいというときにはゆっくりと返済をするなど臨機応変に利用ができます。

 

実質年率 限度額 評価
4.7%〜18.0% 500万円

 

確実に審査に受ける秘訣はない

審査やキャッシングに関する情報を数多く集めておくことで、お得なキャッシングを見つけた場合もそれに対応しやすくなることには間違いありません。
今は、ネットでの情報もたくさんあります。短い時間で数多くの情報を集めることも難しいことではありません。

 

「こうすれば審査に通る。」という王道は実はありません。
審査基準は各金融機関によって違い、申し込み者一人ずつが同じ属性ということはないために、審査必勝法といえるものはありません。
しかし、この点に気を付けていけば否決を避けることができる、ということはいくつかあるものです。

 

例として挙げられるのは、勤続年数があります。
就職したばっかり、転職したてという状態で申し込みをしても、安定度が図れず否決になる可能性が高くなってしまいます。

 

他にも、以前に否決になった後に十分な期間を開けずに申し込みをしてしまった場合なども、前回と同じような結果になるかもしれません。申し込みの記録が個人信用情報機関に残されているのは6ヵ月間ですので、この期間を待ってから再度申し込みをするといったことが必要です。

 

何も知らないまま申し込みをして、一度で可決になりスムーズに借り入れができればこういった知識も必要ないかもしれませんが、否決になったことがある方、否決になっている時間がなく確実に借り入れをしたい方はできるだけ情報を集めることは重要なことになるでしょう。

 

カードローンやキャッシング商品は少しずつ特徴が違っており、その違いで「ここに申し込んだほうがお得だろう。」「使いやすそう。」と申し込み者が判断するものです。
ただし審査の違いは公表されているものでありませんので、審査がより緩い商品、審査に通りやすいキャッシングというのは申し込み者にとって分からないものなのです。

 

審査が通りやすそうなキャッシングに申し込んでしまうのではなく、自分が借りやすく返済しやすいものを選びましょう。何年という単位で返済を続けるのなら、その使い道も重視する必要があります。借り入れ前だけに注目するのではなくその後も使いやすそうな金融商品を選ぶようにしましょう。

 

審査で重要になる返済能力

融資した金額を返済することができるのか、それが返済能力です。
もちろん返済能力がないとなれば融資は受けることができず、または返済能力が低いと判断されれば融資限度額は低くなります。
それではどのようにして返済能力を調べるのでしょうか。

 

実は、申込書に記入した内容、それが返済能力を調べるための属性スコアリングに使われています。

 

属性スコアリングとは、申込書に記入された一つ一つの項目を属性として点数をつけて評価をしていきます。
パートアルバイトでも勤続年数が長ければよい、正社員でも勤続年数が短ければ厳しいと言われるのを聞いたことがあるでしょう。
それは属性スコアリングの評価に関係しています。

 

例えばこのようなものがあります。
・職業
士業→大企業→中小企業→契約社員→個人事業主→パートアルバイト→無職
このような順で評価されます。
個人事業主はあいまいなところではありますが、給料をもらう立場ではなく発生させる立場にあること、それはカードローン側の評価ではあまり高くないという現状はあるようです。

 

・年齢、独身既婚
20代後半〜30代前半独身→20代後半〜30代前半既婚→30代後半〜60歳既婚→20代前半既婚→20代前半独身→30代後半〜60歳独身→65歳以上
細かく分かれていますが、このように評価がされています。
自分のために使うお金があるのか、もしくは踏み倒しの危険性などさまざまな項目から年齢と既婚独身は大きく関係しています。

 

もちろんこればかりではなく、勤続年数、家族形態、居住形態、健康保険種別や電話番号種別など事細かな項目があります。
そのため、一つの項目の評価が低かったとしてもほかの評価で充分にカバーできる可能性があります。

 

審査で重要になる信用力

過去の実績がモノをいう、それが信用力の調査です。
その名の通り、信用に値するのかどうかを判断するという意味でもありますが、個人信用情報機関に照会をするためでもあります。

 

個人信用情報機関は現在は日本に3社あります。
貸金業法で内閣総理大臣指定の信用機関と定められていることもあり、カードローンを含め契約にかかわる事柄では個人信用情報機関に申込者、契約者の本人識別情報、利用状況や返済状況など細かな情報を提供しなくてはなりません。

 

それが審査でも役立てられています。
過去のキャッシングはどのように行われていたのかを確認しています。
また現在の他社からの借り入れ状況も確認されています。
特に消費者金融の場合には、貸金業になるため総量規制の対象です。
他社からの借り入れ状況を確認し「年収の3分の1」という総量規制の上限に抵触することのないようにしなくてはなりません。

 

過去のキャッシングでトラブルがあった場合、審査に通ることはほぼないでしょう。
返済が確約がない、そう判断されるとカードローン側はリスクを避けるために融資を行いません。
融資限度額が低くなるのではなく、融資を行わないということです。
悪質なトラブルは、異動情報と呼ばれ独立した3つの個人信用情報機関で唯一共有される情報になります。
金融事故、ブラックといえばわかりやすいでしょうか・

 

  • 踏み倒し
  • 3か月以上の返済の遅延
  • 保証人や保証会社による代位弁済
  • 強制解約
  • 債務整理

 

これらのことは異動情報として扱われ、融資を行っても返済がされないだろうという悪質な情報として管理されています。

 

しかしすべての情報がマイナスになるのではなく、これまでにキャッシングの経験があったとしても確実に返済をしていた、もしくは完済の履歴があるというのであればそれは審査に有利な情報になります。

 

現状を正直に申告するという最善の方法

返済能力を調べる、信用力を調べる、審査でこれらのことが行われているということがわかりました。

 

しかし見れば見るほどにお判りになるのではないでしょうか。
審査を受けるにあたって、返済能力も信用力も現状を変えることはできません。
つまり私たちが審査を受けるために変えることができる項目などないということでもあります。

 

それでは審査を受けるにあたって何か対策を行うことはできないのでしょうか。

 

現状を正直に正確に申告すること
実はたったこれだけのことが審査では非常に重要なことになります。
申込書に記入した内容に間違いがあったとき、その確認作業のために審査は時間が長くかかってしまいます。
そればかりではありません。
申込者側にとっては単純な間違いでも、審査をする側とすれば「詐称」と受け取らないとも限りません。
例えば勤務先は在籍確認の電話で裏付けを取ります。
他社からの借り入れ件数と借入金額は個人信用情報機関に照会をして確認をします。

 

一つ一つの情報を正確に記入すること、たったこれだけのことではありますが審査対策には有効な方法です。

 

おすすめはやっぱりプロミス

最短1時間